最終手段!自己破産の手続きは慎重に

債務整理というのは、借金を整理するという意味であり、自己破産は債務整理の中の一つの解決方法です。

最終手段!自己破産の手続きは慎重に

自己破産とは借金整理をするという意味の債務整理の中の一つ

債務整理は、借金を整理するという意味で、通常は、金融会社から借金をした債務者が、借金をどのような方法で解決するかを弁護士や、司法書士に相談して、解決していくか決めて行きます。債務整理の流れとして、債務者である依頼人が弁護士に債務整理の依頼をします。弁護士は、受任通知といって、債務者より債務整理の以来を受けた旨の通知を各金融会社に送付します。その通知にこれまでの取引履歴を送るよう書いてあるので、金融会社は弁護士事務所に取引履歴を送ります。それから法定利息に基づいた利息での再計算をし、債務額が決定します。債務が残った場合、弁護士を通じて和解し、分割などで債務額を支払っていきます。これは任意整理といいます。

また、本来の利息で計算すると債権者に債務を多く払いすぎている場合があります。これを過払い金といい、逆に債務者が金融会社から多く払いすぎた債務を取り戻す請求をします。これを不当利得返還請求といいます。再計算をし、債務が減ったけれども支払いができない場合、自己破産を選択するという方法もあります。自己破産の場合、全部の債務を全部裁判所に報告しなければなりません。保証人がいる場合、自己破産を出した本人が免責になっても、保証人には請求がいきます。保証人に迷惑が掛けられないから、この債務だけは払っていく、また車だけは乗り続けたいので車のローンだけは払っていくという選択はできません。自己破産は債務整理の中の最後の手段ですので、弁護士とじっくり相談し解決していきましょう。

【参考】

Copyright (C)2017最終手段!自己破産の手続きは慎重に.All rights reserved.