最終手段!自己破産の手続きは慎重に

借金で返済が滞った時は債務整理をしましょう。自己破産をするとのちの生活に支障が出る場合もあります。

最終手段!自己破産の手続きは慎重に

債務整理や自己破産のメリットとデメリットについて

銀行やカード会社から借金をしてしまい、きちんと返済するつもりだったのに給料の減額や会社の倒産などで借金の返済が滞ってしまう事があります。しかも数社から借り入れをしており、どこにいくら借りたのかさえ分からなくなってる人もいます。そして一度滞納してしまうと毎月、毎月督促状が届き、督促の電話に悩まされてしまいます。そんなときにお勧めしたいのが債務整理です。これは今ある借金を弁護士の先生に依頼して整理してもらうのです。例えば車の返済に毎月5万円、家のリフォームに月々5万円支払ってるとします。でも給料の減額で月に6万円なら無理なく払えるとします。そんな時は一社につき3万円の支払いに減額してもらい、支払い期限を延ばす方法もあります。ただし、借金の額が大きく職も無い場合は自己破産を進められるケースもあります。

またキャッシングをした時の債務整理では利息制限法より高い金利で借り入れをしている場合は利息を計算しなおし借金を減らすことも出来ます。長い間多くの利息を払い続けている場合は利息の返還もあり、尚且つ借金が無くなってしまう可能性もあります。多額の借金をし生活も苦しく、督促の電話に悩み、家族に迷惑をかけてしまうのであれば早めに弁護士に相談し解決に漕ぎ着けたいものです。安易な自己破産は官報に名前が記載されるだけでは無く今後お金が借りれなくなったり破産手続きが終了するまでは住所の移転や長期の旅行も制限されます。また職業や資格に制限を受けます。なので任意整理をして少しづつでも借金を返済していきたいものです。

【参考】

Copyright (C)2017最終手段!自己破産の手続きは慎重に.All rights reserved.