最終手段!自己破産の手続きは慎重に

お金が支払えないなどの理由から自己破産をして債務整理するとしても、そのためにはお金が必要となります。

最終手段!自己破産の手続きは慎重に

自己破産をして債務整理するにもお金は必要です

お金が支払えないなどの理由から自己破産をして債務整理をするとしても、そのためにはお金が必要となりますので予め認識する必要があります。自己破産をしてしまえば借金が帳消しになり、新しい人生を歩むことができると思っている人も多くいます。ある意味当たっていますが、必ずしも良いことばかりではありません。自分が支払う能力がないと言う事を裁判で認めてもらわなければなりません。裁判所に自己破産の申立てを行い支払不能と認めてもらったら、その次には免責許可の決定を受けてからやっと成立します。その手続きを誰がやるのかと考えたことがありますか?弁護士の先生などが通常は行います。もちろん弁護士の先生には報酬が必要です。

自己破産をして債務整理をしていくなかで債権者に配当されるものがあります。配当とは現金に換わりとして委ねることです。不動産屋マイホームは没収となります。また自動車も対象となります。その他、ゴルフ会員権や生命保険の解約戻入金なども対象となります。基本的には20万円以上の価値があるものは対象となります。借金がすべてゼロにはなりますが、自分が持っている財産は全てではありませんが、ほとんどが没収されてしまいます。借金を帳消しにするか、財産全てを投げ打つかどちらが良いかという判断になります。債務整理は厳しいようですが、あなたの持ちえる財産を整理するという意味も含まれています。自己破産をする前に、しっかりと専門家に相談をすることが大切です。

Copyright (C)2017最終手段!自己破産の手続きは慎重に.All rights reserved.