最終手段!自己破産の手続きは慎重に

自己破産は法改正により手続きもスムーズになっていますが、債務整理の中でも最終手段として捉えることも必要です。

最終手段!自己破産の手続きは慎重に

自己破産は債務整理の最終手段として手続きは慎重に。

借金の始まりは、ほんの小さな借り入れから起こることがあります。私の経験談ですが、最初は10万円の借り入れで終わらせる予定が、収入減で思うように返済できなくなり、借金を借金で補うようになったのです。総額は数百万円近くになり、月々の返済が膨らみ、給与では到底返済できず、新たな借り入れ先がなくなった時点で債務整理を選択しました。借金の整理にはいくつか方法があります。過払いの利息を元金に組み入れることで債務総額を減らす任意整理、住宅ローン以外の債務を減額できる民事再生、そして支払い不能を裁判所に認めてみらうことで法的に借金をなくすことができる自己破産があります。この他にも特定調停という方法がありますが、こちらは簡易裁判所の調停員の仲介の元で債務の減額を図るものです。内容は任意整理と似ていますが、弁護士や司法書士などの仲介を経る任意整理と違い、裁判所に提出する書類の費用だけで済むので安価に債務整理を行うことができます。

私自身の債務整理は特定調停で行いましたが、選択の中には自己破産も考えていました。しかし、借金ゼロになり債務の苦しみから逃れられるものの、新たにクレジットカードをつくることやローンを組むこと、職種にも制限が加えられます。官報に載る点もその一つですが、官報は日々膨大な数にのぼるので、よほどでない限り、他人に知られることはありません。とは言え、自己破産は債務整理の最後の手段と心得ることが大切です。債務整理に苦しみ、返済不能に陥った方の誰もができる整理方法ではなく、返済できないのを分かっていて直近で新たに借金を重ねた場合、また借金の理由がギャンブルなどの場合は自己破産の手続きの中で免責許可が下りないケースもあります。新破産法が制定されたことにより、自己破産に掛かる手続きもしやすくなり、決定までの時間も早くなっています。弁護士に依頼すれば、一部の裁判所でのみ利用できるのですが、即日面接で早期に整理することもできます。簡単にできるがゆえに、デメリットとメリット、その双方を考え、今後の再スタートに一番の策を考える中でも自己破産と捉えることが大事です。

Copyright (C)2016最終手段!自己破産の手続きは慎重に.All rights reserved.